販売済:266:翡翠、ファイヤーオパール メレダイヤモンド リング #10 【管:

2012/05/25 8:54 に FUCHIGAMI KIYOSHI が投稿   [ 2012/12/10 20:50 に更新しました ]













翡翠と、ファイヤーオパールを使用しているジュエリーは珍しいので、その取り合わせに興味を持ちました。
翡翠は、まあまあの色と、若干の透明感。
翡翠の内部は、白と、褐色のもやもやはあります。
若干の暗さもあります。

ファイヤーオパールは、透明感が高く、色も綺麗です。
斑は少しはある程度で、あまりありません。
ジュエリーに使われている、ファイヤーオパールはインクルージョンが気になるものはそうありませんが、
こちらのものは、割と大きなインクルージョンがあります。
楕円の先の方が、ガリッっと欠けています。

ダイヤモンドは綺麗です。

シッカリ、ガッシリとした枠で、プラチナをふんだんに使っております。

作り手さんは、限られた予算内で、色合いに重点を置いた材料探しをされたのではないでしょうか?
枠の作りもシッカリとして、安定感があります。

緑とオレンジの色彩、東南アジアの宝石と、中米の宝石等という取り合わせがいいですね。

この指輪の色彩等の取り合わせ、インクルージョンをあまり気にされない、シッカリとした枠がお好き
という方におすすめです。



ご感想、ご質問等は、
へどうぞ。




Comments