TOP‎ > ‎渕上清志の宝石観‎ > ‎

ダイヤモンド / Diamond






無色系で、大きく、インクルージョンが少なく、カットもいいものはもちろん高い。

そう、「誰もがいい」と思うものは、高いのです。

無色で、無傷で、整っている・・・ 

それもいいのですが、

色がついていたり、形がマーキスや、オーバル、トリリアントそういうダイヤモンドもいいですよね。

ブラウンダイヤ、ファンシーまで行かないにしても、ライトイエロー、ベリーライトイエローのダイヤモンドも透明感のあるものはとっても綺麗です。

大事な部分は、透明感と、輝きだと思います。


インクルージョンもある程度まで我慢できるとして、

輝きを犠牲にした、重量をかせぐためだけのガードルが分厚いようなカットはお勧めしません。