思い出

2012/03/05 16:54 に FUCHIGAMI KIYOSHI が投稿   [ 2012/03/05 17:13 に更新しました ]
昔、ミャンマーの方から、綺麗な翡翠のルースを仕入れたことを思い出しました。

日本でガス器具のメーカーに勤めながら、別の顔で宝石を売買しているという不思議な方でした。


この方からもう一度、買いたい!と思っても、音信不通・・・
宝石は、縁というか、その時、そのタイミングで買わないと、
次がなかなかない場合もありますね。

でも、なかなかなくていいんだと思います。
その時は、決断力がなかったとしても、
次の機会までに、自分のレベルを高めておけばいいのですから。

ずーっと、探し求めているその時間も宝石の楽しみの一つですからね。
気軽に手に入るもの、簡単にかわりが見つかるものでは、面白みがないですよね。

気長に、時間をかけて探し求める。その時間と労力と、自分の知識や感性が深まっていくことを楽しむ。
これが、私からのオススメです。

ちなみに、この2つのルースは在庫は無いです。




Comments